イメージ画像

キャッシングの申し込みに欠かせない条件が安定収入

キャッシングの利用条件の一つに、安定収入があります。金融機関によって申し込み条件が変わることはありますが、安定収入という点は共通していると言っても良いでしょう。もっと言えば、キャッシングサービスを提供している会社が望む安定収入とは、給与所得です。不動産収入でも個人事業による売上でもなく、給与所得が好まれます。

なぜなら給与所得は最も安定しているからです。不動産収入は、空室になればなくなりますし、自営業も収入の多い時と少ない時の差が激しそうです。それに引きかえ、給与であれば、毎月安定しているのが一般的です。もちろん残業やボーナスなど、月によって多少の違いはあるでしょう。しかし、普通は基本給があって、毎月最低限入ってくる収入が確保されています。毎月収入があるなら毎月返済もできるだろうということで、債権者である金融機関の安心材料になります。

安定収入があるならキャッシングなどしないだろう、そんなふうに感じる人もいるでしょう。アルバイトを始めたばかりで収入が不安定、時給制だから休日の多いゴールデンウィークは給料が少ない、そんな時にこそ利用したいのがキャッシングです。しかし、現実は残念ながらそうはいきません。ある程度継続して安定した収入を得ている、と判断されて初めて利用できるのがキャッシングサービスです。

ただ、安定収入がある人はキャッシングなどしない、というのも一理あります。毎月少なくない給料を受け取り、ボーナスまである人は、よほどのことがない限りキャッシングの利用などしないでしょう。金融機関もそれは分かっていますので、正社員でなければならないとか、年収300万円以上が条件だとか、そんな厳しい条件を付けているところはほとんどありません。

安定収入、というのはそれほど厳しい条件ではありません。アルバイトやパートであっても、半年以上続けていれば貸してくれる金融機関はあるでしょう。ただ、借りたお金は必ず返さなくてはなりません。どんなに属性が良くても、返済が遅れると一気に信用は失われますので、必ず返済条件を守りましょう。

このページの先頭へ