イメージ画像

ビジネスローンの審査ではなにが重視される?

ビジネスローンを利用しようと思った際に、審査でなにが重視されるのかというと、大きなポイントになってくるのが過去の事故情報や延滞情報、年収、業務歴などです。

例えば、過去にキャッシングやローンを利用し、長期間滞納してしまったという場合にはブラック扱いとなってしまうので、ビジネスローンの審査をクリアするのは難しくなってしまうでしょう。

また、年収に対して多すぎる金額を希望してしまった場合にも、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。それから、業歴の年数というのは非常に重視される項目であるため、チェックしておきましょう。

ビジネスローンの中には、初めから2年以上の業歴のある方しか受け付けていないところもあります。そのため、業歴が2年以下の方はビジネスローンも利用するのは難しいと思っておいた方が良いかもしれません。

気になるビジネスローンがある場合は、申し込み条件に該当しているのかチェックするところから始めましょう。年収が少ないという場合には、ビジネスローンの審査に通る可能性が低くなってしまうのですが、それでも事業計画書や資金計画書の内容がしっかりしていて無理なく返済ができる範囲の融資であれば受け付けてもらえるはずです。

不安なことがある場合は、とにかく事業計画書や資金計画書の内容を充実させましょう。確かに書き方はとても面倒でつい適当に書いてしまいたくなるのですが、担当者の方はこういった書類をもとにして審査をするわけなので、内容が充実していなければそれだけで不利になってしまいます。

他には、確定申告書の内容も正確に申請することが重要です。内容が不審なものであった場合には審査は厳しくなってしまうので注意しましょう。ビジネスローンの審査に通るかどうかというのは売上金額がどうかによって左右されるわけではありません。

例え売上金額が大きかったとしても、必要経費で赤字になっていれば貸した時のリスクが高いわけなので、売上がいくらかということよりも確実に返済してもらえるかどうかというポイントが重視されます。

このページの先頭へ