イメージ画像

個人事業主のキャッシングについて

個人事業主の場合、一般的なキャッシングやカードローンではなく、個人事業者向けのローン・キャッシングを検討した方が良いでしょう。

個人事業主だからといって通常のキャッシングに申し込めないというわけではないのですが、多くのキャッシングでは公務員や会社員のように毎月安定した給料が得られる方を対象としています。

そのため、月によって収入が大きく変わりがちな個人事業主の場合、審査が不利になってしまうこともあるのです。ですが、初めから個人事業主向けに作られているローン・キャッシングであればそういったデメリットがないため、審査に受かる可能性が高くなります。

それから、事業性資金としてキャッシングをしようと思った場合、通常の個人向けのキャッシングではお金を借りることができないのです。それに比べて、事業者向けのローン・ビジネスローンであれば事業に関するお金も融資してもらえるため、問題ありません。

ただ、個人事業者向けのローン・キャッシングの場合は、一般的な個人向けのキャッシングに比べて金利が高いということを理解しておきましょう。

銀行だけでなく、消費者金融と比較をしても金利が高めに設定されています。できるだけ金利の低いところから借りたいと思っているのであれば、銀行がおすすめです。

ただし、個人事業主向けではない一般的なローンの申込をすると審査通過率が低いため、銀行の審査に落ちてしまったという理由で個人事業者向けのローン・キャッシングを検討する方もいます。

また、融資を受けられるまでのスピードも個人事業者向けのローン・キャッシングの方が早いため、すぐに資金を用意しなければならないという場合にも個人事業者向けのサービスを選択した方が良いですね。

それから、一般的なキャッシングでは年収の3分の1までしか借りられないという決まりである総量規制の対象となるものの、個人事業者向けのローンやキャッシングの場合は資金使途が事業資金であることのほか、収支計画や事業計画、資金計画などを提出することにより、総量規制の影響を受けずに借りることも可能です。

このページの先頭へ