イメージ画像

キャッシング即日の返済ができなくなったらどうなる?

キャッシングを利用する前に、もしかしたら何らかの理由で返済が滞ってしまうことがあるかも…その時のトラブルが怖い…という理由で借りるのをためらっている方も多いようです。

人生は、いつなにが起こるか分からないものなので、毎月確実に返済できるとは限りませんよね。仮に返済ができなくなってしまったら、どのような事態が想像できるのかについてご紹介しましょう。

まず、借り入れの返済が遅れてしまい、こちらから何の連絡もしなかった場合には自宅や職場に対して電話などによる催促が行われることになります。先にハガキや電話などを自宅に送ってくれるので、その際によく話し合いをしておけばすぐに職場に連絡をされるようなことはないでしょう。

催促といっても、昔ながらの悪質な取り立ては現在法律で禁止されているので行われていません。仮に、暴力を振るわれた、深夜や早朝に訪問されたといった悪質な取り立てが行われた場合には監督行政庁に訴えることが可能です。

また、保証人がいる借金では返済が滞ると保証人に対して請求が行われる形になってしまいます。ただ、消費者金融のキャッシングなどは保証人なしで借りられるものが多いですよね。

そういったものを利用しているのであればこのような心配はないのですが、保証人をつけている借り入れがある場合には大きな迷惑をかけてしまう可能性もあるので注意しなければなりません。

キャッシングの申込をする際には、保証人や担保は不要となっていたとしても、返済が滞りがちな方は途中で保証人や担保をつけるように要求されてしまうこともあります。

どうしても返済ができないということであれば、貸金業者から差し押さえの強制執行が行われる前に債務整理を検討した方が良いでしょう。

債務整理には、自己破産の他にも様々な種類があります。例えば、任意整理や民事調停による整理などもあるので、自分にとって最もデメリットが少なく、メリットの大きいもの探して選択すると良いですね。
土日でもキャッシング即日は可能?

キャッシングの債務整理をすることになったらどこに相談する?

キャッシングはしたものの、どうしても返済ができない状況になってしまったら債務整理についても考えなければなりません。

債務整理とは、法的手続きを取ることによって借金を減額したり帳消しにできる方法です。他にも、返済しやすくなるように返済条件や金額を変更することなども可能となっています。

ただ、債務整理は法律に関する手続きを行うことになるわけなので、専門的な知識が必要です。金融機関側と交渉する必要もあるため、全く法律の知識がない素人が自分で債務整理を行ってしまうと債務整理をしたのに条件が有利にならず、結果的に損をしてしまうことも考えられます。

そこで、できれば専門家に相談した方が良いでしょう。相談できる場所はたくさんあります。まず、弁護士です。弁護士といえば法律の専門家であるため、かなり力強い存在だといえます。

弁護士に債務整理を依頼すると、受任通知書というものが貸金業者に送られるのですが、これが到着した時点で電話などの取り立てをすることができなくなるため、取り立てに悩んでいるという方も急いで弁護士に相談しましょう。

ただ、費用が高めに設定されているのが問題です。具体的にいくらの料金がかかるかというのはケースによって違ってくるので、無料相談などを探して行ってみると良いですね。

他には、司法書士もおすすめです。弁護士に比べるとできることは少なくなってしまうのですが、費用も抑えられるので、できるだけお金をかけずに債務整理したいという方に向いているでしょう。

他には都道府県の相談所などの相談機関を利用するという方法もあります。また、地方裁判所や法テラスといったところに相談することも可能であるため、一人で悩んでしまうのではなく、専門家の力を借りて借金問題を解決していきましょう。

法テラスの場合、相談は無料となっているだけでなく、条件に合った弁護士会や司法書士会を紹介してもらえるのでチェックしてみてくださいね。

消費者金融によるキャッシングの取り立てとは

消費者金融の利用を迷っている方の中には、返済が遅れてしまった場合の取り立てが怖い…という方も多いのではないでしょうか。

確かに、消費者金融にあまり良いイメージを持っていない方の中には、一日でも返済が遅れてしまうとすぐにひどい取り立てが始まってしまうのではないかと不安になりますよね。

実際に昔は深夜に電話がかかってきたり、家や職場に直接押しかけて大声を出されるといったトラブルもあったのですが、現在は貸金業法というものが整っており、こういった取り立てを行った業者は厳しく罰せられる時代になっています。

そのため、どの業者でも取り立てというよりも支払督促という形で非常に慎重に行っているのです。初めはハガキや電話などで催促の連絡が来ることになるのですが、それでも対応しなかった場合には支払催促が行われることになってしまいます。

支払催促は簡易裁判所を通して貸主である債権者が借主である債務者に対して行い、債務者からの異議がなければ直ちに強制執行として財産の差し押さえができるのです。家財道具だけでなく、給料も強制執行で差し押さえの対象となるので注意しましょう。

裁判所からすぐにこの金額を支払うようにと支払督促が届いたものの、金額に不満があるという場合には異議申立てを行います。その後、通常の民事訴訟に移行するのが一般的です。

民事訴訟にまで発展してしまった場合、裁判所から呼び出し状が送られてくるので、出頭して争うことになります。といっても、債権者の主張が正しければ裁判に発展したとしても不利になるのは債務者側であるため、この点は理解しておかなければなりません。

財産の差し押さえとなってしまった場合、不動産や家財道具、給料などが対象となるのですが、給料は生活していくのにも必要なものであるため、最低限の金額は差し押さえされず、手元に残すことができます。

こういった事態にならないように、計画的に返済を行っていきましょう。どうしてもキャッシングの返済が難しくなってしまった場合には早めに弁護士や司法書士といった専門家に相談するのがおすすめです。

このページの先頭へ